So-net無料ブログ作成
検索選択

心が痛みます

9月11日は、私の担当する学生の事業用操縦士実地試験でした。

Navigation courseは、往路がRJTF-横浜-城ヶ島-大島空港、 復路が大島-勝浦灯台-佐貫-大宮-RJTFで、私は立会いの教官として同乗しました。

勝浦を過ぎ、佐貫の約20NM南位から、あちらこちらの田んぼが水没して茶色の景色が多くなってきました。

佐貫から大宮へかけての飛行は常総市の南方を通過しますが、コースの北側に濁流に飲み込まれ茶色に変色した区域が南北10NM、東西に最大数マイル位の広さで良く見えました。試験かも思わず『教官、酷いね』と思わず声を出されたほどです。

多くの方が被災され、また、行方不明や亡くなられた方もいらっしゃいます。TCASには数多くのターゲットが移っていましたが、恐らく、その多くは被災者救助のためのヘリコプターでしょう。

災害はいつが良いと言うことはありませんが、せめて後1~2週間遅ければ多くの田の刈り入れも終わっていたのではないでしょうか。茨城県産の米は良く購入しています。

何をすることも出来ずただ傍観していました。せめて、夜のBeerを節約し義捐金にしましょう!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

無責任一代男

テレビで見てると津波と全く同じでした。川の横に住む人はいきなり来るから逃げる時間もなかったのではと思いました。
悲惨な光景見たら自分のところに近づいて来たといつも思ってます。
麦酒節約は今日病院に行った時に永久禁止令を言い渡されました。飲んで病気になっても手術拒否するとまで言われてしもた。
かなりストレスがたまりそうです。

低空にあれほどヘリが集まって衝突しなくてよかった。

by 無責任一代男 (2015-09-15 13:11) 

Oldfogy

一代男さん、

ビール禁止令は(好きな方ほど)きついですね!当日はVHFを何回か聴取しましたが東日本大震災以来のヘリが活躍していたようです。

私は25歳頃に海上自衛隊の救難飛行隊に在籍したことがありますが救難活動は文字通り『身を挺して』です。

救難活動に当たられた方々へは心からの尊敬しかありません。
by Oldfogy (2015-09-22 19:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。