So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜日記 (9) 「ある政治家の生涯」


1963年初頭、イギリス国内はあるスパイ事件が持ち上がり国を挙げての大騒動になりました。

当時、英国国防大臣 (Secretary of State for War)であったLord John Profumo(Lordは英国で使用され、英国以外ではBaronと称されます。つまり男爵)と一時愛人関係にあったのが高級娼婦であるChristine Keeler嬢でした。

愛人関係は1961年に始まりましたが、かの有名なイギリスMI5(イギリスの情報機関。ちなみに“007のJames Bond氏!”はMI6)の知るところとなり強制的に関係を終わらせられたのです。

その後、’62年にC. Keeler 嬢が暴力事件に巻き込まれプロヒューモ氏との関係がマスコミの知るところとなりましたが、英国マスコミの「政治家のPrivate lifeは書かない」の伝統が守られ明るみに出ることにはなりませんでした。

この問題を影で調べていた野党が Keeler 嬢と関係を持っていた男性にロンドン大使館付き駐在海軍武官がいることを知り、一挙に『第2次大戦後最大のスパイ事件(所謂、プロヒューモ事件)』となってしまいました。
つまり、『Keeler 嬢を通して『イギリス国防秘密がソ連に漏れていたのではないか?』と言うことです。

スパイ 事件そのものは結局無かったのですが、当初プロヒュウーモ氏が議会でキーラー嬢との関係について『無かった』と虚偽の証言し関係を認めませんでした。

卿はその後、『議会で嘘の証言をした』ことを理由に国防大臣はもとより政治家としての生涯を終えることになりました。卿48歳の出来事です。この事件が原因となりマクミラン保守党は政権を労働党に明け渡しウイルソン政権が発足します。

プロヒューモ氏は2006年3月7日、91歳の生涯を閉じました。

氏は政界引退後ロンドン・イースト・エンドの難民センターで皿洗い・トイレ掃除から始め、卿の貴族としての豊富な人脈を元に無償の社会奉仕活動を一涯続け、1975年名誉が回復され、CBE(名誉英国勲章第3位)を授けられました。

元英国首相マーガレット・サッチヤーさんの女王主催の誕生日パーティに卿を招待し、彼女の隣席に座る栄誉で卿の生き方を讃え彼の生涯の努力に応えました。

彼の死去に際して、当時のブレア首相は『彼はかつて大きな過ちを犯した。しかし、償って余りある功績を残した。もう許されるべきだ。」とのコメントを発表しました。

卿の妻は美人で有名な女優でしたが、彼女もその生涯を奉仕活動に捧げたそうです。ここに英国貴族の『ノブレス・オブリージェ(Noblesse oblige)』の典型を見た気がします。

(おまけ)
サッチャーさん(Margaret Thatcher, Baroness)には大きな思い出があります。

彼女が首相を退いた後のある時期に日本へ講演旅行にいらっしゃいました。サッチャーさんが搭乗されたのがANA201 (LHR – NRT) 便です。機長は私!ロンドン到着時のゲートに旅客係員が来て、『Captainの帰り便にはサッチャーさんが搭乗されます』と事前のInformation をくれました。

応対に失礼があればANAの名誉に係るので、現地OFFの翌日、日本大使館に伺い 『もし機内で搭乗お礼の御挨拶に伺うとしたら、どう呼びかければ良いのか』と尋ねました。『彼女は貴族に列せられているので、 “Lady” を使うのが良いでしょう』と教わりました。
 
搭乗当日、偶然か/ANAが意図してそうしたのかは解りませんがFirst classは、サッチャーさん、女性秘書、男性ボディイ・ガードの3人だけでした。

他のお客様もいないので離陸2時間後の最初のRest timeに挨拶に伺いました。

昨夜寝ないで?考え、何回も練習して記憶したご挨拶をかなり上手く喋る事ができたと思っています。彼女は、演説の原稿でしょうか、書類に盛んに書き込みを入れていらっしゃったので、

"Excuse me, Lady Thatcher, I am a commander of this flight, may I disturb you for very short time? で始まり、On behalf of whole entire crew member and employees of ANA, we are very proud of your boarding to ANA 以下云々~" のような感じです。

最後に『「十分にお寛ぎ頂ける様願っています』で締めくくりましたが、その返答に圧倒されました!

“Thank you Captain, yes I shall!” でした。”I shall” と言われた時に英語(イギリス語!)だ~!と感動しました。そして元首相から握手を受け、失礼にならない程度の力で握手をお返ししましたが、年齢を全く感じさせないマシュマロのような「柔らかない」手で驚いた覚えがあります。

 サッチャーさんは、功罪の評価が極端に分かれる宰相で、アルゼンチンがフォークランド島に侵入して始まったフォークランド戦争を『人命に変えてでも、我が英国領土を守らなければならない』と演説し即時に陸空海軍を派

遣し勝利に導いたこと(この時、兵士を輸送した船は政府にチャーターされたQueen Elizabeth)、またイギリス経済を未曽有の繁栄に導いた反面、弱者には厳しい政策でした。断固たる信念が「鉄の女」と呼ばれた所以です。

サッチャーさんの演説集からの抜粋です:

“Where there is discord, may we bring harmony.Where there is error, may we bring faith. And where there is despair, may we bring hope.

(discord:不協和、 harmony の反意語。 despair: 絶望)。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

FD

サッチャーさんが日本国首相だったら、竹島をとっくに取り戻して
くれていたでしょうね。

安倍さんにお願い。竹島問題を解決して下さいな。
「日本に返ってくる事はありませんので、諦めて下さい」とね。

by FD (2015-12-19 21:03) 

oldfogy

サッチャーさんなら、直ちに竹島を『包囲』して取られていません。

竹島なんて攻撃する必要はなし。日干しにすれば良いだけです。

海上自衛隊は、正規空母こそ保有していませんが、世界で多分米国についで強力な海軍です。数では中国ですが、性能的には問題にならないでしょう。

中国の玩具空母は外洋には出てこれません。対艦ミサイル1発で終わりです。

韓国海軍の装備は、海保(米国と並び世界一の沿岸警備隊です)に毛が生えた程度でしょう。心から尊敬しています。制空権も問題なし。

『戦争は血が流れない政治であり、政治は血が流れない戦争』なんて日本の左巻きには理解不可能=政治家失格=でしょう。

橋下さんは、危ないので余り好きになれませんが、でも、頑張って欲しいと思います。
by oldfogy (2015-12-20 09:18) 

FD

私が次期内閣の首相になったなら、竹島を海上封鎖します。
そして期限を区切って、立ち退かなければ武力行使をすると
予告しておきます。
ただ、竹島に常駐しているのは軍隊ではなくて、ただの警備隊ですので
AH ヘリからロケット弾をぶち込むのは気の毒ではありますが。

海上自衛隊の実力を知っている韓国海軍は、指をくわえて見ているだけ
でしょうね。

by FD (2015-12-20 11:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。