So-net無料ブログ作成
検索選択

Helicopter pilot の空間識失調

ホバリング中の事故ではありませんが、夜間・低視程・降水等が重なればベテラン・パイロットでも機の姿勢が解らなくなるようです。

日本では、Doctor's helicopterのPilotは最低2000時間の(ヘリ)飛行時間がいるそうです。ヘリコプターで2000時間飛ぶのは並大抵では・・・・!

The medical transport helicopter was on a night flight conducted under visual flight rules (VFR) to pick up a patient for transport.

The helicopter was registered to Rockford Memorial Hospital and operated by Air Methods Corporation.

The pilot had computer-based weather information available, but it is unknown what information he reviewed before deciding to accept the flight.

Weather observation stations along the route of flight were reporting VFR conditions around the time that the pilot accepted the flight.

About 17 minutes into the flight, the pilot reported to the receiving hospital’s communications center that he was aborting the mission due to encountering inclement weather and was returning to base.

Flight track data indicated that the helicopter initiated a right turn at this time, away from a nearby lighted windmill farm toward an area with sparse ground lighting . The flight track then showed a slight descent before the end of the data.

The last recorded position was about 0.75 miles east-southeast of the main wreckage site. The helicopter impacted an agricultural field in an inverted, nose-low attitude.

Examination of the wreckage revealed no evidence of mechanical malfunctions or failures that would have precluded normal operation. Weather data and reports from first responders indicated that the flight likely encountered areas of snow, freezing drizzle, and supercooled liquid water.

The lack of ground lighting combined with the precipitation encountered likely reduced the visibility and outside visual references available to the pilot resulting in spatial disorientation and subsequent loss of control.

The National Transportation Safety Board determines the probable cause(s) of this accident as follows: The inadvertent encounter with inclement weather, including snow, freezing rain, and reduced visibility conditions, which led to the pilot’s spatial disorientation and loss of aircraft control.

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

名前は、なしで。。。

FDさんのところで、ヘリコプター救助の話題が出てましたのでどうぞ。
■翼を持ったお巡りさん  谷口 凱夫
■アルプス交番勤務を命ず 谷口 凱夫←これしか読んだことありませんが、ヘリ救助のことも出てます。
■空飛ぶ山岳救助隊 羽根田 治

本は、お近くの図書館にあるかも知れません。
自宅から、図書館の蔵書検索ができます。これは、便利で楽しいです。
①ネットで、[図書検索 ◯◯市]で検索する。
②検索結果に出た、近くの図書館のリンクをクリックする。
③図書を検索する。羽根田 治 で、検索すれば出ると思います。

*この投稿へのコメントなどはご無用です。
by 名前は、なしで。。。 (2016-02-07 18:45) 

前は、なしで。。。

すみません
谷口 凱夫 で、図書検索してみてください!!!
by 前は、なしで。。。 (2016-02-07 18:48) 

oldfogy

遅くなりましたがありがとうございます。

今は、時間がありませんが完全引退して時間が有り余るようになれば晴耕雨読を目指しているので是非。

by oldfogy (2016-08-16 20:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。