So-net無料ブログ作成
検索選択

72歳の再挑戦

B300 King airのFAAライセンス取得がならず、今居る会社を辞めようか?と一時は思いました。

しかし、C172S型機(AP・PFD・MFD・FMSを装備した完全なハイテク機)の教官になるための訓練中です。何故C172Sか?は、やや人間関係が絡むのでさておき、King airからC172に乗り換え、楽しく・とても厳しく訓練中です。

単発Pitson機にのるのは約40年ぶりですが、B747とは(当然)全く異なる分野の飛行機です。最大離陸重量が2500ポンドですからB747の1/300分です。しかし、これが難しい(操縦が!)。

当たり前ですが、飛行前の準備(調布飛行場使用願い・TGLを行う龍ヶ崎飛行場の使用願い提出と電話での確認・飛行計画書のFile・W&B作成・訓練空域使用願いのFileと取得番号の確認・天候NOTAMの確認等々・・・)・機の操縦・無線交信(関東平野をVFRで飛ぶにはATC機関・会社等とにかく多い)・種々のCheck listのHandling・時間の記録等々全部1人で行います。APの使用はLimitationの範囲内で常時可能ですが、訓練のため今は殆ど使いません。

足でTaxiするのも40年ぶりです。着陸直後、Brakeを殆ど踏まないのにもやっと慣れました?何故Brakeを直ぐに踏まないのでしょう?⇒Anti-skidが無いので着陸直後に強くBrakingするとTireがダメになってしいます。

定期便の運航では、Bankが30度を越えるとFOQA(FDA)から『お叱りの手紙』がきますが、General aviationではSteep turnが50度、Chandellesが60度Bankを使います。この技術は上空からの写真撮影に常時使います。60度Bankは普通です(ビックリ!)。

私の今の課題は、『関東平野の地形がわからない』。教官から、あの街は何処ですか?と聞かれても自信を持ってXXですとは中々でてきません。例えば、新幹線の線路なんて直ぐに解ると思っていましたが、解りません。高度が2-3000ftで、遠方から新幹線をみても全く解らないのです。あそこに線路があると思って心眼で見ると「見える」のです。

私は、神奈川県人ですから元々渋谷から北には行ったことがなく、地名を言われてもピン!ときません。早く地形に慣熟しないと操縦に影響大と少し焦っています。飛んではイケナイところばかりです。

明日の土曜日も14時から2時間の訓練が入っています。頑張れ72歳!!!

箱根

昨日(5月7日)、生まれて始めての日帰りバス旅行にカミさんと行きました。

テーマは「トイレ付バスで行く海鮮BBQ食べ放題と山のホテルのツツジ見学」です。

本当は、5月12日に予約したかったのですが満席で止む無く7日になりました。1人、10,800円にプラス保険料500円と乗車口から3列までの(前方)座席指定料が500円。合計11,800/1人。

行程は、大和駅(小田急・相鉄線)0730→海老名(から乗る人をPick up)→アサヒ・ビール工場見学(出来立ての生ビール3杯付)→西伊豆・三津("みと"と読みます)で遊覧船に乗り、海鮮BBQとお寿司→わさび工場見学→芦ノ湖畔・小田急「山のホテル」のツツジ見学(ツツジと菖蒲で名高い高級リゾート・ホテル。ツツジは4分咲きでした)→帰路。と盛りだくさんで、解散地点の海老名に到着したのが18:15でした。海老名が大都会になっているのに驚きました。小田急・JR・相鉄と3本の電車の合流点ですからね。将来は近くにリニアの駅も出来るのでもっと発展するのでしょう。

アサヒ・ビールでは大変美しいお嬢さんに案内されビールの作成工程を見学しましたが・・・どうでも良かった。ビールの試飲のための我慢。水が命ですから、工場は山間のとても美しい環境でした。3杯までですが、Super dryを1杯とPremierを0.5杯で我慢しました。私はASAHI super dryは飲みません。しかし、出来立ては全然違います。大変美味しいと思いました。

ついでBBQですが、食べ放題を好みません。食べ放題は人の心を卑しくすると思っているので。今回が初体験でしたが、料理?は美味しかった。食べ放題より、店に居た看板犬・ジャーマンシェパードの「武蔵」と仲良しになれたのが嬉しかった。私達は遊覧船には乗らないで浜を散策し、BBQの店でみんなの帰りを待っている間に仲良くなりました。

普通、連休明けの行楽地は空いていますが、今日の空きようは経験がありません。神奈川県人ですから箱根には多分20回以上行っていますが、人が殆どと言ってよいほどいません。元箱根近辺は歩いている人さえ疎らでした。

山のホテルもツツジの期間は大変混雑しますが、全く人がいなくて従業員も手持ち無沙汰と言う感じ。空いていたので写真を撮るのも楽チン!早めにラウンジに帰り紅茶とケーキ。山のホテルのラウンジは窓から芦ノ湖の景観とツツジが鑑賞できクラシックな作りでとても素敵な居心地です。
が、紅茶がいけません。味がない。色のついた暖かい飲み物でしたね。香りが無い紅茶なんて!高級ホテルの名を汚しています。

箱根へ行くなら『今です!』。風評?被害でしょうか、こんな閑散とした箱根は初めてで・最後だと感じました。

King Air

前回のブログから随分日にちが経ちました。

AtlantaでのB300訓練はなくなりましたが、3月にB300に5時間も乗ってきました!

電子航法航法研究所(ENRI)のB300は本来の研究のために飛行するのは勿論ですが、新しい研究のために装置の取り卸と新規搭載行うことも恒常的にあります。この種の装置搭載等も入札です。
私が勤務している会社がある装置の搭載(航空法でいう修理・改造)を落札し、機器搭載終了後の飛行試験も自社で行います。

B300は5.7トン以上の離陸重量(約7トン)のため、本来なら限定(操縦できる国家資格)が必要ですが私は持っていません。では、何故乗れたのか?

ENRI 本来の実験飛行はENRIが独自にPilot要件(FAA/EU のB300限定保有等)を定めていますが、修理・改造検査のための試験飛行は一般の航空法の範囲であり、運送事業や使用事業に該当しないため『自家用機』となります。


B300が日本に最初に民間機として輸入されたとき、限定を必要としないように通常の運用を5.7トン以下に制限したため、日本ではB300は現在でも「限定変更が要らない」機種として取り扱われています。

つまり、日本でKing Airを操縦するための資格は、自家用操縦士(飛行機)以上の資格と多発機操縦免許があれば可能です。計器飛行を行う場合は計器級が必要となります。

私が持っている操縦士資格は(飛行機)陸上単発・多発・定期運送用操縦士(限定はたくさんあります)なのでB300には文句なしで乗務が可能となります。

実際に飛行機を操縦するのは7年半振りなので、事前に航空振興財団のBeechcraft Simulator で90日に3回以上の離着陸経験の更新をかねて訓練を受けてきました。

Hydraulicが無い操縦装置(やAnti-skidのない着陸装置)の飛行はYS11以来でやはりJet機とは異なったFeelingでした。訓練のお陰で仙台で実機に乗ったときも余り違和感はありませんでした。

社内飛行試験を終え、CABの試験飛行前にGPSの1台が不調になりGPS交換に大変な時間と労力が要りCAB試験飛行が天皇陛下の仙台へのお越しと重なり少し時間的な制限(自粛)を受けましたが無事終了しB300を電子研に返したときはチョッピリ残念でしたね。

定期便を運航している航空会社は当然社内に予備のGPSを持っていますが、予備が無い場合に短時間で航空機用のGPSは手に入れるのは極めて困難でした。入社可能GPSは世界にたった4台(シカゴ北京フランクフルトシンガポールに各1台)しかありませんでした!
某大手航空会社のご協力でシンガポールからGPSを入手しましたが、航空機の部品は「予備品証明」がなければ航空機に搭載できないため成田到着後所定の手続きを終え仙台まで運んで交換が終了しました。

また、秋に乗る積もりです!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。