So-net無料ブログ作成
検索選択

事故

2015年7月26日1059JST、訓練飛行を終了し調布へ帰投。

調布FSから “Continue approach runway 17” のInformationを貰いApproachを継続し、離陸準備中の機がTakeoff runを開始したのと殆ど同時に”Runway is clear” となりShort field landing で着陸しました。Landing roll中、Runway 17延長線上から約10度左・距離約500メートルの方向から黒煙が上がるのが見えました。

まさか、つい何十秒前かに離陸した飛行機が墜落したなんて思いもしないので通常通りRamp inし、整備士に「火事?」と聞いたところ「マリブが墜ちました」とのことで仰天しました。事故機から無線による通信は一切ありませんでした。

事務所へ帰って少し詳しい事が解ってきました。当該機はPiper 製Malibu JA4060号機で5名乗っていたということでした。調布飛行場のRunway 17の直線上は運動公園等があり子供や市民の憩いの場ですが、黒煙が上がっている方向は公園より左(東)にズレ民家のある方向なのでとても心配になってきました。

Malibuの操縦経験者によると単発軽飛行機としては高級機でとても人気のある飛行機ですが、離着陸が難しいとのことです。またW & Bにも気を使うとも。

Catalogueによる性能では、最大離陸重量でのTakeoff run(50ft超え)が2550FTと記載されています。当然、ISAでの性能でしょうから、外気温度30数度の夏場なら更にTakeoff runは必要となり、調布(800m)からの離陸はMax takeoff weightから重量を減らさないと無理だと推測できます。

私の50年の飛行経験でも、目の前で飛行機事故に遭遇したのは初めてでショックです。3名の方が亡くなられましたがご冥福を祈る以外に手立てはありません。

調布から南への離陸直後、Engine failureになれば単発機は前方(住宅街)への不時着しか手段はありません。仲間といつも『どうする?』と会話を交わしますが、良い解決策はなく、地上への被害を最小限にするように『墜とす!』しかありません。今回の事故報道で過去の小型機墜落事故で「校庭」に不時着しているCaseがありますが、Pilotが意図的に校庭に不時着させたのです。

受け持ちの事業用課程の学生(Cessna 172S)には、Engine故障時高度が500ftあれば飛行場へ帰れ、
 ●機種を下げ(勇気がいる)、滑空速度(68kt)を維持しながら
 ●直ちにBank45度(もっと勇気がいる)で風上側へ旋回し、『"飛行場内” へ降りろ』

と教えています。躊躇する時間はゼロとも。

180度旋回すると、Bank45度でAlt lossは200ftですが30度なら300ftです。

空港へ帰るには200度以上の旋回がいるので飛行場へ機首が向いた時の高度は100~200ftしかないと思われます。滑走路に届かなくても住宅街等へ降りるよりは遥かに・遥かに上策です。

Wind calm時 "Which runway do you use? " と聞かれれば何も考えず "Runway 35" です。調布飛行場の北側は公園や、霊園があり不時着場はあるので。

(お見舞いの言葉を頂いた方々にお礼を申し上げます。)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。