So-net無料ブログ作成
検索選択

勇気

私は、大昔、ほんの少しRugbyをかじっただけですが、以来、長年のRugbyファンです。

第8回Rugby world cupの日本の第1戦は南アフリカでした。ニュース報道で大々的に取り上げられているので日本がW杯で「どの辺りのPositionか?」を今さら書くつもりはありません。

私は、初戦当日、夕食後7時に床につき、夜中の零時に目覚ましをあわせNHKにかじりつきまし。ジョーンズHC(Head coach→監督とは言いません)が就任以来Japan!は鍛えに鍛えられているという認識はあったのですが『何処まで食い下がれるか?』の期待でTVを観ていました。

Japanの特筆すべきプレイはタックルでした。試合後のインタビューである選手が『突き刺さって、転がって、起き上がって、走っただけの80分でした』と言っていましたがJapan全員が見事なタックルを終始見せてくれました。100Kg前後の選手が全力で走っているところにタックルをするのはとても勇気がいるプレイです。

体格で劣る日本選手は南アの選手に2人掛りでタックルを繰り返し、相手の気持ちを萎えさせ・疲労させたのだと思います。2人掛かりのタックルということは、タックル後には瞬時に自分のPositionに帰らなければなりません。どれ位体力がいるのか想像もつきません。

試合の後半には観衆から『Japan!』Callが巻き起こりましたが、観衆を見方に引き入れたのは彼らの『勇気』に感動したからに違いありません。

80分の制限時間を越えてのプレイ続行中に奇跡としか言えない逆転Tryを上げましたがJapanの選手達は『勝つ』と信じて試合に臨んでいたようです。練習のほうがキツかったとも言っていました。

もう何十年も前、日本1を決める試合で神戸製鋼のウイリアムズ選手がLine沿いに殆ど90m近い独走で逆転Tryを上げたのを思い出しました。

Rugbyは番狂わせの無い競技と言われ、Japanの選手以外日本が勝つと思っていた人は殆ど居なかったでしょう。W杯最大の番狂わせと言われる所以です。

次は23日の対Scotland戦ですが、Japanの勇気をまた見せてください。

試合結果は、その勇気によるものと思っています。勝てば良し。例え勝てなくとも南ア戦のような勇気を見せてくれれば大満足です。TV観戦し(試合終了後寝てしまえば起きられないので)そのまま寝ないで会社に行こうと考えています。Flightはありません!!!

Engine runup

9月某日は、私が担当した学生の事業用操縦士実地試験でした。

航空法第73条の2の「機長の出発前の確認(気象、航空情報、W/B、Performance等)」、口述試験を終了しShip sideへ行き、Exterior check, Starting engine を終え、Company と Contact し Flight plan を確認。Chohu Fight ServiceからDeparture informationを貰い、所定のRunup checkの場所へ移動しました。

Magneto checkでLeftにMagnetoを切り替えたところDropが250rpmあり振動も発生しました。Max dropは175 rpmですから、明らかに制限値を超えています。Right magnetoは正常でした。

この現象は、業界用語でいう(多分)『被っている』と思われました。つまり、Engineを一定時間以上を低回転で作動させるとSpark plugに煤(すす)がついてEngine回転が正常でなくなります。通常はやや高回転で『焼いてやれば』(煤を燃やしてしまう)正常に戻ります。

学生は『焼くことなく』Rampに引き返しました。整備士達は通常ならEngineを『焼いて』様子を見るところですが、CAB実地試験ということで直ちに代替の飛行機を用意しその機の燃料は満タンなので要求通りの量に(余分な燃料を抜いて=De-gas)極めて迅速に調整して下さいました。

調布飛行場は、現在、17時以降の離着陸は出来ない(工事のため)のですが、実地試験はRJTF-RJSF-RJTFで行われ、復路の調布着陸は16:48でした。

調布離陸が後15分遅くなれば当日の実地試験は(着陸時間の関係で多分)中止となっていたはずで試験の再設定になっていました。

最初の機体は整備士の点検の結果やはり煤がたまっていて、剥がれた「すす」が運悪く?Spark plugのある部部に挟まってしまい当該Spar plugが正常に作動していませんでした。処置としてはPlugの清掃で終了です。

学生にとり、事業用操縦士を取得することはProfessional pilotとしての第一歩であり無事に終了したことは喜ばしい限りです。しかし、飛行を支えてくれる人達がいての結果であるということを決して忘れて欲しくありません。

心が痛みます

9月11日は、私の担当する学生の事業用操縦士実地試験でした。

Navigation courseは、往路がRJTF-横浜-城ヶ島-大島空港、 復路が大島-勝浦灯台-佐貫-大宮-RJTFで、私は立会いの教官として同乗しました。

勝浦を過ぎ、佐貫の約20NM南位から、あちらこちらの田んぼが水没して茶色の景色が多くなってきました。

佐貫から大宮へかけての飛行は常総市の南方を通過しますが、コースの北側に濁流に飲み込まれ茶色に変色した区域が南北10NM、東西に最大数マイル位の広さで良く見えました。試験かも思わず『教官、酷いね』と思わず声を出されたほどです。

多くの方が被災され、また、行方不明や亡くなられた方もいらっしゃいます。TCASには数多くのターゲットが移っていましたが、恐らく、その多くは被災者救助のためのヘリコプターでしょう。

災害はいつが良いと言うことはありませんが、せめて後1~2週間遅ければ多くの田の刈り入れも終わっていたのではないでしょうか。茨城県産の米は良く購入しています。

何をすることも出来ずただ傍観していました。せめて、夜のBeerを節約し義捐金にしましょう!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。